Virtual Laboratory for the earth's climate diagnostics

大学間連携「地球気候系の診断に関わるバーチャルラボラトリーの形成」

概略

東北大学大気海洋変動観測研究センター(CAOS), 東京大学気候システム研究センター(CCSR)、名古屋大学地球水循環研究センター(HyArc)、千葉大学環境リモートセンシング研究センター(CEReS)では、文部科学省教育特別経費事業「地球気候系の診断に関わるバーチャルラボラトリーの形成」を推進しています。

地球温暖化、気候変動や環境汚染に関する研究を推進する上で、大学における基礎研究の推進が不可欠です。このような認識に基づき、本事業では、地球気候と環境の研究に関わる研究センターが初めて組織的に連携することで、地球気候系の診断法を確立することを目指しています。

 

目的

このバーチャルラボラトリーでは、温暖化など大きなストレス下にある地球気候系の診断を行うために、気候・環境研究に関わる他の大学附置研究センターと協力してバーチャルラボラトリーを形成し、各センターの特色と研究資産を活かした研究・教育を分担・連携して行います。

すなわち、温暖化物質、エアロゾル・雲の微物理量、植生指標、雲・降水系の構造に関するデータをそれぞれのセンターが提供し、それを領域モデルや全球モデルによって解析するシステムを確立し、温暖化や水循環のモデリング精度を向上させるとともに、現場教育を通して当該分野の若手研究者の育成を図ります。

このような連携によるシナジー効果によって、気候系の診断方法の確立をはかり、事業全体として温暖化現象の解明などの重要課題に取り組み、地球温暖化イニシアチブ・水循環イニシアチブ・地球観測統合システム(GEOSS)等の我が国の重点課題に貢献することを目的としています。

 

東北大学大気海洋変動観測研究センター(CAOS)では、温暖化物質、エアロゾル・雲の微物理量に関する観測と解析の実施とこれらのデータ提供を担当します。

 

連携機関

  東北大学大気海洋変動観測研究センター・・・・・・・・・VL Page

  東京大学大気海洋研究所・・・・・・・・・・・・・・・・VL Page

  名古屋大学地球水循環研究センター・・・・・・・・・・・VL Page

  千葉大学環境リモートセンシング研究センター・・・・・・VL Page

  九州大学応用力学研究所・・・・・・・・・・・・・・・・VL Page

  国立環境研究所・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・VL Page

  東京大学大気海洋研究所地球表層圏変動研究センター・・・VL Page

東北大学大学院理学研究科 大気海洋変動観測研究センター

Center for Atmospheric and Oceanic Studies,

Graduate School of Science, Tohoku University